『ANNnewsCH Youtubeチャンネルより引用 2018.08.31』

とうとう、AmazonPayも実装です!

弊社が推している、NIPPONPAY社のサービス
キャッシュレス、インバウンド の か・な・め
を構築している会社です。

「キャッシュレス」を最近よく聞きませんか?

大きなキーワードだからです。

曰く
・中国ではほぼ100%現金なし なんでしょ?
・日本は現金主義だからね。
・海外からの観光客にもっと買い物して欲しい!
・オリンピックがもうすぐ!
・会社を立て直したい。
・もっと売りたい!
・外貨を稼がないと、企業の凌ぎ合いは疲弊する

などなど

解決策のブチアゲ策として、政府は ”観光立国” を謳っています。
さらに、そのコアな部分が キャッシュレス とも言えます。

弊社では、早くから NIPPONPAY社のサービスに注目して来ました。
NIPPONPAY社は、高木純社長率いる 会社です。
一般社団法人:日本をキャッシュレス化協会 の専務理事も兼任


当初、「中国で現金なしで生活が回ってて便利だ。発展している・・」
という感想が日本にありました。
実際は中国、そして世界の【巨大マネーパワーのうねり】を表しています。

現在、WechatPay を中心に多くのサービスが立ち上がっています。

・それを取り込もうという動きが一つ

・日本でもスマホ決済を使える という動きが二つ目
これは、日本人を対象とした支払の利便性向上で、
 日本の銀行やカード会社、大手ECサイトが進めています。

便利な支払は経済のためにも、大いに結構。。

懸念される問題は、 受付端末の乱立です

まさに今、サービス提供側が加熱しており、
群雄割拠状態になっています。
 (このようなニュース記事もあります

QRコード乱立の解決策を提案している会社があります。
 『どうぞ、私の端末を利用ください』というプラットフォーム化を
決済推進者にアピールしている、NIPPONPAYです。

つまり、NIPPONPAYの端末に
 AmazonPayも d払いも LINEPayも 乗るようにしていく。

この考えに賛同し、
 弊社はNIPPONPAY社と代理店契約を結びました。

スマホ決済関係ニュースをまとめたサイトも作りましたので、どうぞ
NIPPONPAY社のスマホ決済動画説明はこちら

導入は、簡単です。
・弊社に連絡
・3箇所の写真とお店の登録情報など
 を送っていただく。
・1ヶ月待つ →タブレットが届く
という流れ。
法人、個人事業主が対象です。
詳しくはご連絡ください。